陶芸と、星占い、タロットカードを、職業にしています。体験をもとにした、心、魂の世界についてのエッセイです。


by fufu6k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メール

                       占いのホームページ SPACE・和 


 メールはとても便利な機能ですが、神経にさわるときがあります。

 妻子のある男性と付き合っている、私の友人が、彼にメールを送ったあと、返信が来るのを待つ時間がつらい、と言っていました。その人の彼は、自分で会社を経営しており、とても忙しく、すぐに返信をくれない人なのだそうです。

 私に愚痴をこぼしたとき、彼女は相当煮詰まっていて、彼のメールを待つあいだ、ほとんどノイローゼになりそうだと、苦しげに言いました。

 別の友達は、彼氏とつきあい始めたばかりの頃、彼の気持ちをつかみきれないで悩んでいて、やはり、彼のメールがもう来るか、もう来るか……と、とても神経質になっていました。
「耐えられなくなって、私、ケータイ、押入れの奥におしこんじゃったわよ」
 彼女は、そう言いました。

 わかるな~、その気持ち。押入れに入れたら、着信音聞こえませんもんね。ケータイ横目で眺めて、イライラすることから、解放されると思ったわけで。

 私の愛するS君からのメールを待って、ドキドキしていたとき、友達の言葉をふと思い出して、私もケータイを押入れの奥に突っ込みました。重なった毛布の間に入れて、これで、ひと安心。

 翌日になって、ケータイを見たら、S君のメールはありましたが、占いの申し込みの電話も入っていました。不在着信の番号を眺めながら、仕事を一本ロスしたことを、深く後悔しました。

 それ以来、どんなに神経が圧迫されても、ケータイはいつも手元に置いてあります008.gif

 
[PR]
by fufu6k | 2010-05-20 12:11