陶芸と、星占い、タロットカードを、職業にしています。体験をもとにした、心、魂の世界についてのエッセイです。


by fufu6k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

震災 Ⅳ

                       占いのホームページ SPACE・和 


 
 大地震の翌日、給湯器が壊れた。
 ここ富士山麓は寒冷地で、冬場は夜の気温が零下10度近くになる。凍結防止のために、給湯器に電気を流す仕組みになっている。一晩中、停電していたので、給湯器の電流がストップし、部品が凍って破損したのだ。
 朝からお湯が使えず、ガス会社に連絡すると、うちと同様の事故が200件以上あり、部品が足りず、修理は翌週になると、すまなそうな声で答えてくれた。ふだんなら、不機嫌になるところだが、この非常時だ。わかりましたと愛想よく応じ、翌週の修理をお願いして、電話を切った。

 お湯が出ない。今夜、お風呂に入れない。

 こんなときは、温泉だ!

 この近辺には、温泉がたくさんあるのだ。

 山中湖にある、富士山が見える露天風呂をそなえた施設がお気に入りなので、そこへ行った。以前、近所の人とよく行った場所だが、一人で行くのは初めてだった。

 晴れた空を背景に、白く、均整のとれた美しさでそびえている山を見上げながら、ひとつの懸念が胸を横切った。今朝、長野県でも大きな地震が起きたと知ったときから、心の底に湧いた不安だ。ニュースを見ていくうちに、長野だけではなく、新潟、群馬でも、地震が起きていたことを知った。
 長野、新潟、群馬の地震は、東北大地震の余震とは言えない。これは、マグニチュード9という、物凄い地震の影響で起きた、別の地震だ。この地殻変動のエネルギーが、富士山に影響を与えていないだろうか。

 十年ほど前、富士山では低周波地震が観測され、その後、ハザードマップが作られた。当時、週刊誌が富士山噴火について書きたて、地元の新聞には、樹海の地面から、水蒸気が立ち昇っているという記事が載った。
 今度の大地震は、千年に一度と言われる、大変な規模の地殻変動の結果、起きたものだ。何かしらの刺激を、この優美な山に与えているのではないだろうか。

 お湯につかって、思いきり手足をのばしながら、頭の隅でそう考えていた。富士山が噴火したとき、溶岩がどの方向に流れるかにもよるが、山梨側に流れてきたら、このあたり一帯は丸焼けになるのだ。津波がいくつもの町を押し流したように、この山が噴き上げる火は、富士吉田市も、河口湖町も、山中湖村も、壊滅状態にするのだ。テレビ画面に、焼けただれた富士吉田が映っているさまを、想像してしまった。

 脱衣所で服を着ていると、地元の人が喋っている声が聞こえた。
 「富士山はだいじょうぶかしらねえ」私とまったく同じ心配をしていた。
 その人たちは、放射能の心配もしていた。彼らの知りあいは、大阪へ逃げると言っているらしかった。

 休憩所のテレビが、原発のニュースを流していた。美しい富士山と、暖かい陽射しを浴びている木立と、豊かに湧き出るお湯……。この平和な午後のひとときと、テレビの映像とのギャップに、気持ちが落ち着かなかった。

 放射能汚染が広がったら、どうしたらいいのだろう。富士山にもしものことがあったら……。いつ、自分が被災者になるかもわからないという不安は、この日からしばらくの期間、しこりのように胸の奥にわだかまっていた。

 
[PR]
by fufu6k | 2011-04-17 16:30