陶芸と、星占い、タロットカードを、職業にしています。体験をもとにした、心、魂の世界についてのエッセイです。


by fufu6k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アンバランス

                       占いのホームページ SPACE・和 


 仕事がうまくいかない。

 あきらかに……、妨害されている。と、思う。

 私の邪魔をしている人間に対して、怒りと復讐心がムラムラと湧いてくる。仕返しをしてやりたという思いで、頭がいっぱいになり、冷静な思考が入り込む隙間がない。

 感情には、エネルギーがあると思う。激しい感情は、エネルギー値が高い。なかでも怒りや復讐心や憎しみは、非常にエネルギー値が高い。そういうネガティブな感情は、体からどんどんエネルギーを奪い取るから、体調に異変が生じる。
 ほぼ一日、怒りと不安に振り回されて過ごしたら、下痢気味になり、歯肉炎が悪化した。
 体は正直だ。

 心の中に天秤があると、私は思っている。精神と肉体のバランスをとる天秤。天秤がほぼ平衡を保っていれば、人は、幸せだ。自分が大事だけれど、人のことも考えようというゆとりを持ち、いろいろなことに配慮する冷静さが生まれる。気持ちが穏やかだから、やることがスムーズに進む。まわりの人も笑顔になる。

 天秤が大きく傾くと、人は、焦りと不安の虜になり、ヒステリックな感情の渦に巻き込まれ、失敗したり、トラブルを引き起こす。自分ではない何ものか、何か悪魔的なものに憑依されたかのように、おかしな方向へ突っ走る。悪魔に取りつかれると、ブレーキのきかない車のように、暴走する。こっちへ行ってはいけない、これは間違っている、と心の奥底で別の声がささやくが、走り続ける自分を止めることができない。

 大きく傾いた天秤のふたつの皿からは、真っ黒い悪魔が次から次へと飛び出してくる。人は心の底に、悪魔をたくさん飼っている。天秤が平衡を保っているときは、理性や知性や良識が働くので、悪魔は心の表面に踊り出ることができない。天秤が傾き、理性や知性や良識の力が弱まると、悪魔は喜びいさんで飛び出してくるのだ。

 私を邪魔している人々を、踏みにじってやりたい、蹴落としてやりたい……。ほぼ一日、私は残忍な鬼になっていた。

 人って、こわい。
 私って、こわい……。

e0172753_0582763.jpg

[PR]
by fufu6k | 2012-10-22 01:04