陶芸と、星占い、タロットカードを、職業にしています。体験をもとにした、心、魂の世界についてのエッセイです。


by fufu6k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

輪廻 Ⅱ

                   占いのホームページ SPACE・和



 私はエジプトでの体験を話し、自分が感じ取ったことが、本当かどうか尋ねた。霊的な存在は、チャネラーの彼女を通して、私が感じたことが全て真実であると言った。

「和代は、古代エジプトで生きていた。アクナトンの愛妾だったそうよ。廃墟のような神殿跡を見て、その神殿の当時の様をいきいきと想像できたのも、和代が実際にそれを知っていたからですって。あなたが言う通り、当時のエジプトは、豊かな緑に囲まれていたそうよ。砂漠になったのは、森を伐採したからですって」
 文明による自然破壊は、古代エジプトでも行なわれていたのか……。紀元前の時代に、先進国であったエジプトで人生を送り、今また、技術大国と言われる日本に生きて、文明による自然破壊の問題に直面している。

「古代エジプトで人生を送っていた人間のうち、多くの人が、現代に生まれてきているそうよ。文明と自然保護という問題が、その人達にとって、クリアーしなければならない課題のひとつだから」
 恨みや憎悪、執着など、人間関係や自分に関する問題だけでなく、環境破壊といった全体に関する問題も、
乗り越えなければならない人生のテーマだと、その霊的存在は言った。

 それにしても、アクナトンの愛妾だったとは……。日本に置きかえれば、大名の側室のような立場だったのかしら……。カイロ博物館で、王妃ネフェルティティの像を見た時、反感にも似た思いを抱いたことを思い出した。王の愛人なら、王妃を好きにはなれない……。

 チャネラーの彼女は、サインペンを手に取り、するすると絵を描きだした。しばらくして、エジプト風の髪型をし、華やかな胸飾りをつけた、女性の肖像が描き出された。
「これが、その時の和代よ」
「美人ね」
「だったみたいね……。もうひとつ、あなたの前世を教えてもらえそうよ」
 そう言うと、彼女は再びペンを走らせた。今度は、着物を重ねて着た上に、長い打掛をまとった、髪の長い女性の絵が現われた。平安時代か、鎌倉、室町時代の、貴族か武家の女性の姿だった。

 この前世については、しかし、この絵を描いてくれただけで、他には何も教えてもらえなかった。どの時代に生きていたのかも、どのような階級で、何をしていたのかも、全くわからなかった。

 ただ、打掛姿の絵を眺めながら、私は自分が平安時代にいたのではないかと思っていた。ティーンエイジの頃から、私は平安時代の風俗、衣装が、たまらなく好きだった。絢爛豪華な十二単はもとより、男性の正装である、衣冠束帯、御簾をおろした牛車、貴族の館が並ぶ、町の様子、中庭や渡り廊下があり、自然とひとつに溶け合うかのような、開放的な建物の風情。その頃放映していた、NHKの大河ドラマ『平家物語』を、毎週欠かさず、むさぼるように見た。

 二十歳を過ぎても、平安時代への憧れは消えなかったが、歳を重ねるにつれて、甘美な陶酔に、微妙な嫌悪感が混ざり始めた。平安時代の風俗を見ると、妙に血が騒ぐ。その魅力にうっとりするが、同時に、唾を吐きたくなるような、嫌なものを感じるようになっていった。

 この時代を題材にした小説や歴史の本から得た知識が、陰惨な想像をかきたてる。十二単の内側から、すえた臭いが漂ってくるような感じ。外側はまばゆいばかりの美しさだが、中は腐っており、腐敗を防ごうともせずに、人々は無力に、怠惰に、暮らしているだけだ。男と女のなまなましい営み、体液や精液の臭いすら、高価な打掛の下から漂ってくる。愛のための性ではなく、権力をつかみ、家を繁栄させるための道具として、女の体が使われる……。道具として使われる悲運の中にありながら、いつのまにか、性欲の虜になっていく女達……。

 きっと、そのような貴族社会の内側を、むごたらしく、汚らしい内情を、自分は知っていたのた。打掛姿の絵を眺めながら、私はぼんやりと、そんなことを考えていた。
[PR]
by fufu6k | 2009-03-30 00:12