陶芸と、星占い、タロットカードを、職業にしています。体験をもとにした、心、魂の世界についてのエッセイです。


by fufu6k
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2011年 04月 06日 ( 1 )

震災

                       占いのホームページ SPACE・和 


 
 私のタロットのお客様のお身内が、今度の震災に遭われました。
お母さんが、大洗におられ、お姉さん夫婦が気仙沼におられて、幸い無事でしたが、安否がわかるまでの数日間、その人はテレビの前で、泣いてばかりいたそうです。

 義理のお兄さんは、気仙沼の水産会社に勤めていて、津波が来たので車で逃げましたが、道路が渋滞しており、しかたなく別の道に車を走らせたそうです。お兄さんは助かりましたが、渋滞に巻き込まれた人たちは、みな、流されたと、その人は声を震わせていました。

 彼女の話を聞きながら、あの大地震のあと、えんえんとテレビに映し出された光景が、目の裏に浮かびました。彼女の話を、私は他人事と思って聞くことができませんでした。私の家族は東京におり、実家の門の一部が壊れたくらいで、みな無事ですが、あの驚くべき災害の映像は、心に今も深く食い入り、その恐ろしさ、哀しさを、私の心は自然に共有してしまうのです。

 放射能汚染の危険もあります。東北沖の地震によって誘発された、長野や静岡の地震についても、これからまだ余震が来るかもしれません。

 いろいろな思いが交錯し、彼女と話をしながら、私は涙を流していました。

 これ以上、災害が起こりませんよう。
 一日も早く、生活を立て直せますよう。
[PR]
by fufu6k | 2011-04-06 14:03