陶芸と、星占い、タロットカードを、職業にしています。体験をもとにした、心、魂の世界についてのエッセイです。


by fufu6k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スヌーピー

                       占いのホームページ SPACE・和 


 
 スヌーピーことS君からメールが来た。24日にご飯を食べることになっていたのだが、イタリアン・レストランを予約したと書いてあった。嬉しい!003.gif

 CWY企画展の作品について、もう少し……。
 今までになく、苦しんで作った。ざっとスケッチを描き、油粘土で立体の形を確認するまでは、わりあいスムーズにいったが、いざ作り始めると、さまざまなカベにぶつかった。油粘土で作った小さいサイズのもののときは、良いと思ったのだが、サイズを大きくすると、気に入らない部分がいろいろ出てきた。また、土がへたって型崩れするので、それを防ぐための工夫が必要になった。デザインそのものを変えることも考え、試行錯誤が続いた。
 
 削り仕上げが終わってから、どうしても気に入らす、壊して作り直した。写真の向かって右側の作品は、作っては壊し、を二回繰り返し、三度目にやっと完成させた。まだ、直したい部分があるのだが、間に合わなくなりそうだったので、妥協してしまった。

 考えてみれば、無から何かを生み出すのは、苦しみをともなって当然なのだ。これまでの作陶では、私は悩まなさすぎた。フォルムを突きつめて考えたことはなかった。勢いで作ってしまい、それはそれでいいのだけれど、表現というものを追求する姿勢に欠けていた。

 何度も作り直したので、焼きに回す前の段階までで、一ヶ月ほどかかった。形が決まらないときは、気持ちが落ち着かず、飲み会から帰って、また作品に向かうこともあった。恋愛気分も消えてしまった。
 7月から8月にかけて、蝉の声を聞きながら、文字通り土と格闘した。

 

 
[PR]
# by fufu6k | 2011-10-16 01:42

                     占いのホームページ SPACE・和



 毎年、秋の初めに、甲府の県立美術館で、工芸家のグループの企画展をやる。山梨県在住の、さまざまなジャンルの工芸家が、決められたテーマに沿って制作した作品を発表する。企画展は今年で21回目を迎える。実に息の長い企画展だ。私はこのグループ展に参加して、今年で11回目になる。

 テーマは、参加している作家達が、それぞれアイディアを出し、話し合って決める。過去のテーマには、「鳥」「家」「ペット」「自画像」「音」「おどる」「笑う」「20」……などがあり、こうしたテーマを自分の中で消化し、展開して作品を創り出すのは、苦しいけれども刺激的で面白い作業だ。

 陶芸というと、うつわ作りが中心になるが、この企画展に出す作品は、オブジェや人形などが多い。「うつわ」という制約から離れて、思いきりアートの世界に浸れるのも、この企画展に参加する魅力のひとつだ。

 で、今年の作品は、こ~んな感じです。テーマは『ありがとう』。東日本大震災、原発事故、これらを通して、多くの人々と同じように、私も考えかたが少し変わった。人生で、本当に大切なものは何かを、思い知らされたような気がした。家族の絆、大切な人との絆、友人との絆……。私が今、ここに生きていることの大切さ。私をこの世に送り出してくれた、父と母への感謝。
 そういったものを、この作品に込めました。

e0172753_02210100.jpg


 背景の壁が白いので、うまく撮れなかったのですが……。
[PR]
# by fufu6k | 2011-10-15 00:30

なが~い夏

                     占いのホームページ SPACE・和



 6月下旬から暑かった。9月半ばというのに、猛暑が続いている。
 今年の夏は、長い!!

 ここのところの暑さで、すっかりバテてます。体がだるくて、何もする気になれない。朝、起きるのがつらい。病気かな?

 近所の地場産業振興センターで、展示会が始まりました。山梨県在住の陶芸家によるグループ展です。こんな作品出してます。

e0172753_0104229.jpg


e0172753_0112163.jpg


 以前、猫を飼っていたので、作品のモチーフはやっぱりネコになってしまいます。

 展示会の詳細は、ホームページの「イベント、展示会案内」をご覧ください。
[PR]
# by fufu6k | 2011-09-16 00:18

“心”の彫刻

                   占いのホームページ SPACE・和


 北海道、美唄市にある彫刻公園、アルテピアッツァの入り口付近にある、安田侃の作品。

e0172753_036151.jpg


 雨が降っていた。雨に濡れた黒い石の肌が、みずみずしく、美しかった。
 傘を片手に、おぼつかない手つきで、ケータイのシャッターを押した。

 安田侃の彫刻は、間近で見ると、圧倒的な迫力がある。作品は確かな言葉を持ち、語りかけてくる。石の言葉には、親和力がある。いつまでもそこに佇んでしまいたくなるような、そういう力を持っている。

 芝生と周囲の木々のグリーンが、石の色を美しく際立たせていた。
[PR]
# by fufu6k | 2011-09-15 00:52

“心”の彫刻

                      占いのホームページ SPACE・和



 安田侃(かん)という彫刻家を知ったのは、去年、北海道美唄市にある、安田侃の彫刻を展示してあるアートパークに行ったときだ。アルテピアッツァ美唄という名の、その彫刻公園の存在を教えてくれたのは、S君と、札幌出身の女友達だ。

 安田侃は美唄市の生まれで、イタリアのカッラーラという大理石の産地に住み、制作を続けている、世界に名の通った彫刻家だ。抽象美術にあまり興味を持たない私だが、この彫刻家の作品には、心を打たれた。不思議な、強い吸引力を持つ作品。冷たい石が、まるで生きているかのようにパワーを発散し、言葉を語りかけてくる。磨きぬかれた大理石の表面は、すべすべして心地良く、抱きしめたり、頬ずりしたくなったりする。
 石の中に、何かが、確実に、宿っている。世にも不思議な、精神的な作品だ。

 今年も、夏休みの旅行で、北海道に行った。そして再び、アルテピアッツァ美唄を訪れ、思う存分、安田侃の世界に浸った。


e0172753_2336741.jpg
 
 
[PR]
# by fufu6k | 2011-08-30 23:48